FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!Top >  FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識 >  スワップポイントとは

スポンサードリンク

スワップポイントとは

スワップポイントとは、

FX(外国為替証拠金取引)において異なる通貨間の取引きをする際に、通常2日後の決済となり通貨の交換をする際に生じる金利格差のポイントの事です。


この交換日を先延ばし(ロールオーバー)した際の取引通貨間の金利の差額をスワップポイントと言います。

具体的には、金利の安い通貨を売り金利の高い通貨を買い保持し続けると、
金利格差の差額分がプラスになる為にスワップポイントを得る事ができ、逆に金利の高い通貨を売り金利の安い通貨を買い保持し続けると、金利格差の差額分がマイナスになる為にスワップポイントを支払わなければならないということになります。

このように、FX(外国為替証拠金取引)のスワップポイントは、

外貨預金・外貨建てMMFなど他の外貨建て金融商品と比較して、スワップポイントが高いです。

スワップポイントねらいで投資するのも一つの方法ですが、為替が大幅に動いた場合には、スワップポイントは、ふっ飛びますので、注意が必要です。


関連エントリー

FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!Top >  FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識 >  スワップポイントとは