FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!Top >  FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識 >  レバレッジについて

スポンサードリンク

レバレッジについて

レバレッジ(Leverage)とは、

梃(てこ)の意味で、FX(外国為替証拠金取引)をするにあたり、レバレッジをきかせることにより、
証拠金の何倍もの外貨を取引することができます。


当然、レバレッジの倍率を高くして、FX(外国為替証拠金取引)をするほど為替相場の変動によるリスクは高まります。

取引業者によっては100倍以上の高レバレッジが設定可能なところもあります。


初心者の投資家が、FX(外国為替証拠金取引)で稼ぐことで頭が一杯になり、高いレバレッジで取引するのは危険が伴いますので、レバレッジをあまりかけずの取引する方が賢明です。

また、FX(外国為替証拠金取引)は、
損失が一定額を超えると、ロスカットルールによって強制的に反対売買がなされてしまします。損失の小さい段階でも追加証拠金の差し入れを請求される(マージンコール)場合もありますので、リスク管理が重要です。


初心者は、バーチャルトレードなどで、試してみてレバレッジのリスクを勉強するのも一つの手です。

関連エントリー

FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!Top >  FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識 >  レバレッジについて