FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!Top >  FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識 >  FXとロングとショートについて

スポンサードリンク

FXとロングとショートについて

FX(外国為替証拠金取引)では、

常に何らかの通貨を売って、何らかの通貨を買っている、という取引をします。初心者の方は、理解しにくいが、

わかりやすく説明しますと、

日本円でリンゴを買うときは、実際にはリンゴを買って円を売っているということになります。これと同じように、日本円を売って米ドルを買う、米ドルを買ってユーロを売る、というような取引をFX(外国為替証拠金取引)ではしているわけである。


つまり、「買い」の通貨をロング、「売り」の通貨をショート、と呼びます。

関連エントリー

FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!Top >  FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識 >  FXとロングとショートについて